Mr. Green's Blog

U.S. DOE が LED 向けの新たな試験ルールを提案

水, 07/30/2014 - 14:26 -- MrGreen

2014年 7 月 30 日 - 昨年 4 月、米国エネルギー省 (DoE) はLED 照明装置向けの試験手順のルール設定に関する告示 (NOPR) を発表しました。その後、2 つの補足通知 (SNOPR) が発表されました。試験手順に関するこのようなルール策定に関する変更は、米国で販売される製品に適用され、EISA の義務的効率基準の改定に対するベースとなるものです。

最初の NOPR は、照明装置 (電球) に関連する以下の指標についての試験手順を扱いました。

U.S. DOE、LED PAR38 ランプの L Prize 要件を変更

Tue, 08/06/2013 - 13:12 -- MrGreen

2013 年 8 月 6 日 - L Prize について話すのは久しぶりになります。本賞は、指定された DOE 効率基準を満たす最初の LED ランプを開発することで、米国エネルギー省 (DOE) から贈与される賞になります。最初の賞は、2011 年に、10 ワット未満の電力を使用し 25,000 時間を超える耐用寿命の 60 W 白熱電球 (A19) に置き換わるものを開発した Philips に贈られました。(2 年前の私のブログを参照してください)。

しかし、コンテストはまだ終わっていません。DOE には、トラック及び埋め込み式の照明器具で最初に使用された PAR 38 ランプのための L Prize もあります。この賞の賞金額は、最初の賞よりやや少額ですが (前回の 1000 万ドルに比べ、500 万ドルのみ)、それでも高額な金額です。現金は、DOE の基準を満たすことに成功した最初の応募者に贈られます。

照明エンジニアにとって、より近づきやすいものにするために、DOE は、7 月末に厳格さを緩和するために一部の要件を更新し削除することを発表しました。

変更の内容:

ページ