新しいレポート - 高効率照明のグローバルな導入

Mon, 06/19/2017 - 00:00 -- MrGreen

United for Efficiency (U4E) 組織は最近、「高効率照明のグローバルな導入の加速」という新しいレポートを発表しました。このレポートには、各国の市場で高効率照明を促進する方法に関するガイドラインが記載されています。レポートは、ガイドラインに従うことによって地球温暖化ガスの放出が軽減され、十分な経済的利益が得られ、エネルギー安全保障が高まると主張しています。

U4E という組織は、国連環境計画 (UNEP)、地球環境基金 (GEF)、国連開発計画 (UNDP)、国際銅協会 (ICA)、CLASP、天然資源保護委員会 (NRDC)、及びその他の国際的なパートナーのサポートで構成される官民のパートナーシップです。主な目的は、発展途上国及び新興経済国を支援して、その市場を高効率な製品や機器に移行させることです。

この照明に関するレポートは、各国に対して次の 5 段階の総合政策手法を奨励しています。

  1. 基準と規制の定義
  2. 政策を確立して国民の同意を得る (意識高揚キャンペーン、ラベル制度)
  3. 資金及び資金提供メカニズム (ユーティリティ契約、バルク調達、パートナーシップ)
  4. 監視、検証、及び実施 (製品登録、テスト)
  5. 環境面で健全な照明製品の管理 (有害物質の基準、製品寿命ポリシー)

レポートの序論で述べられているように、レポートのガイドラインは規範的ではなく柔軟に適用することを意図しており、国の照明市場をより高効率な方向に転換するために必要な要��の概要を示しています。

U4E ウェブ サイトからレポートのコピーをダウンロードできます。